CUI

(Character User Interface)のままだが、サーバ機能に問題はないようだ。
もともと、webサーバの管理にGUI(Graphical User Interface)は使われないと聞いたことがある。
下の手前の2021年発売のカードに換装してみたが、やはり問題は解決しなかった。
ここは落ち着いて、しばらくのあいだCUIを使って管理するべきだろう。

Sandy BridgeとLinux

新しいパソコンのCPUは、core i5だが、Sandy Bridgeの力をよく出すにはkernelはDebianでいえばwheezyのものである必要があるようだ。
最初からDebian GNU/Linux wheezyのCDを作ってインストールすれば、Xorgの設定も自動的にうまくいくかもしれないと思った。
でもUbuntuはDebianでできることはできそうなので、このままサーバの設定もしていってみる。