ギャラリー観察隊

という小さな雑誌を手作り発行中です。ロックダウンで近所の図書館のコピー機が使えなくなったばかりか、自分の町から出ないようにという指示なので、自宅のプリンターでちまちま印刷して綴じては、知り合いに少しずつ送付しているところです。以前からの関心事であった、美術作品に対して人はどのような印象を持つか、ということをテーマとしています。第一号では、二人の友人と感想を分かち合っています。

四釜裕子さんのブログ「bookbar5」の記事「ギャラリー観察隊」1号でご紹介いただきました。

このブログに以下のページを作りました。上のタブまたは、こちら↓から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*