Delay

英国の詩人 Elizabeth Jennings(エリザベス・ジェニングス、1926-2001)の詩の試訳。

 遅れ
  
 わたしにもたれかかるあの星の光は
 何年も前に輝いていた。あそこで今 きらめいている光を
 わたしの目が見ることは ないかもしれない。
 今愛する愛が 最初の欲望が尽きるまで
 わたしに届かないかもしれず
  
 そんなふうな 時間のずれが
 わたしをじらす。その星の衝動は
 それを目が美しいと 主張するまで 待たなければいけない。
 そして届いた愛が わたしたちを見つけるのは どこか別の場所かもしれない。 
 Delay
  
 The radiance of the star that leans on me
 Was shining years ago. The light that now
 Glitters up there my eyes may never see,
 And so the time lag teases me with how
  
 Love that loves now may not reach me until
 Its first desire is spent. The star’s impulse
 Must wait for eyes to claim it beautiful
 And love arrived may find us somewhere else. 

過去にみた夢 1

十年ほど前、わりとくっきりした夢をみて、三回ほど記録したことを思い出したのでここに書いてみる。脚色はなく、みたそのまま。


2010年9月25日
 夢の中で、わたしは売春宿への潜入捜査を依頼された。その宿は日本のどこか(おそらく横浜)にあった。わたしの任務は、この商売の主要人物が誰であるかを突き止めることだった。わたしは決意した。この組織を取り締まり、最終的には根絶させることを。

 わたしは看護婦に変装し、売春宿に入り込んだ。この組織は従業員の健康維持を真剣に考えていて、性感染症の予防に取り組んでいた。わたしは全員を検査しなければいけなかった。 驚いたことに、そこで働いている売春婦たちはすべて学生で、とても若かった。ほとんどの売春婦は非常に賢く、大学の学位を取るべく熱心に勉強していた。売春宿は、薄汚れたところなどみじんもなく、窓から日の光がたくさん差し込んでいた。

 けれどもわたしはついに、警察に情報を流し、売春宿は手入れを受けた。外に出ると、小学校時代の同級生が目の前に立っていた。彼は暴力団員になっていた。彼は泣き出した。彼は売春婦たちと一緒に、子供のように泣いた。わたしは自責の念にかられた…わたしにだまされたせいで、彼はすべてを失ったのだ!

アクリル画教本

昨年三月のロックダウン以降、通っていた地元の絵画コースが未だ再開できずにいるので、独学で少しずつ勉強している。写真のLearn to Paint in Acrylics with 50 Small Paintingsは、約12×12センチの小さな絵を50枚描いて技術を学んでいく本。1月末から始めて昨日終了した。それぞれの絵は初心者向けでシンプルなのだが、毎回新たな技術を覚えられる。わたしは大きな絵を描こうとすると、どこから手を付けていいのかわからなくなってしまうたちなので、このような本はうってつけ。

50 Small Paintings

ギャラリー観察隊

という小さな雑誌を手作り発行中です。ロックダウンで近所の図書館のコピー機が使えなくなったばかりか、自分の町から出ないようにという指示なので、自宅のプリンターでちまちま印刷して綴じては、知り合いに少しずつ送付しているところです。以前からの関心事であった、美術作品に対して人はどのような印象を持つか、ということをテーマとしています。第一号では、二人の友人と感想を分かち合っています。

四釜裕子さんのブログ「bookbar5」の記事「ギャラリー観察隊」1号でご紹介いただきました。

このブログに以下のページを作りました。上のタブまたは、こちら↓から。

ブラウス

ここ十年ぐらい、市販の服の質(特に生地)が低下していると感じているので、簡単なものは自分で縫おうとしている。家庭科の時間、裁縫はとても苦手だったけれど、なるべく易しいパターンを見つけて縫ってみている。ズボンやスカートは、たぶんわたしには無理。

香田あおい「何度もくり返し作りたい 私の、ブラウスプルオーバー」の型紙より。

綿のローン生地。1月12日完成。
麻。昨年11月2日完成。

「詩素」9号

年二回発行の詩誌「詩素」が遂に9号に。ついこの間参加し始めたと思ったら、もう四年以上経ったのだ。この詩誌では、毎回印象に残った詩を述べるアンケートがあるのだが、回答する時点(詩誌発行前)と、受け取って再度読んだ時と感じ方が違う時がある。それだけ自分の気持ちが変化していくということだろう。わたしは「靴」という、玉ねぎが靴に変貌していく詩を書いた。

「詩素」投稿詩募集

わたしが参加している詩誌「詩素」が次号で10号になります。その記念に、40歳以下の詩人を対象に投稿詩を募集します。詳細は以下のリンクから。わたしも選考委員の一人です。たくさんの詩を読めることを、今から楽しみにしています。

詩素10号記念・投稿詩募集